fc2ブログ
分かりやすい子ども手当ての計算
ろくに議論しないまま、通過していきますね・・・
野党時代に叫んでいた言葉はなんなんでしょうね???
子ども手当てがある事で、
子どもがいる人もいない人も、
大変な負担になる事を分かりやすく書いてありましたのでご紹介。
以下コピペ。


喜んでいる親御さん、残念ですが現行では4人子供が居なければマイナス試算になります。

相変わらず二転三転していますが、このまま民主党が政権を握った場合に考えられる増税シミュレーションです。
本当にこれで良いのか皆さん考えてください。

マニフェストは所得税のみ控除廃止と言っていた。
にも拘らず政権を執った後、所得税と住民税の両者になった。

もう、既に騙しているじゃないか!!

で、この「特定扶養控除」は手をつけません!と言っていたのが、調整するに変って今は2010年は廃止しません・・・

2011年以降の改正に回しますって、参議院選挙が終われば廃止してしまうんでしょう。どんだけ、騙し続ければ気が済むのか?

そもそも、2万6千円は、消費税19.5%の国を基準に算定しているそうです。

22年度の税収が37兆円。
子ども手当に5.6兆円。

これを恒久的に続けると言う・・・。

一月37万円の家計をやり繰りする家庭で、子供に小遣いを一生5.6万円与え続ける家など聞いた事がありません。

「子ども手当」の費用の捻出の為に民主党(政府)は以下の事を決めています。とにかく二転三転と、場当たり的に変更して来ました。

配偶者・扶養者控除の廃止は所得税だけ(選挙マニフェスト当時)
    ↓
やっぱり住民税にも配偶者・扶養者控除の廃止します
    ↓
扶養控除特定(老人・高校生、大学生16歳~23歳・障害者)は廃止しません
    ↓
やっぱり扶養控除特定控除(老人・高校生、大学生16歳~23歳・障害者)は見直しします。
    ↓
配偶者控除と扶養控除特定(老人・高校生、大学生16歳~23歳・障害者)は廃止しません。
    ↓
だけど扶養控除特定(16歳~18歳までについて)所得税の控除は現行63万円を38万円まで圧縮し、住民税の控除も現行45万円を33万円まで圧縮します。

【ただし、2011年以降はどうなるか分かんないよんっ♪参院選挙で大勝ちすれば、廃止したって数の力で国民を泣かす事できるもんね!みんな気が付いていないけど、給与所得控除の廃止だって考え中、ぷぷぷっ。俺らには財務省主計局が付いているんだから、怖いもの無しさっ!!by民主党、心のつぶやき】
    ↓
-2011年以降見直しで考えられる事-

配偶者控除と扶養控除特定、さらに給与所得控除の廃止。
財源不足に因る支給額13.000円の固定。

俺!独身だから関係ないし!!って言ってた層にもとうとう魔の手が伸びて給与所得控除の見直し。


とても分かり易すく説明しますので、ゆっくり読んで大まかな知識を得てください。

【所得税】とは、国に納める個人がその年の1月1日~12月31日の1年間に得た、所得に対して課税される税金です。
【住民税】とは、住所地の都道府県と市区町村に納める、2つの地方税を合計したものをいいます。

私達が税金と呼ぶものはこの【所得税】【住民税】でワンセットで両方納めるわけです。
ここから先の税金に関しては【所得税】についての説明としますが、納める先が違うだけで内容はほぼ一緒と考えてください。(注・複雑にならぬように割愛する部分もあります)


所得税を計算する場合は、収入から必要経費と損失、所得控除を差し引いた金額が、課税の対象になります。

これをわかりやすく解説すると、次のようになります。

1.収入-(必要経費+損失)=所得金額

その年の全ての収入から、必要経費と損失分や赤字分を差し引いたものが所得金額になります。

必要経費とは、商品を販売するときの商品の原価や販売費、諸経費をいい、その他に、会社員の給与所得控除や、公的年金を受け取っているときの公的年金控除も、必要経費と同様に認められています。

2.所得金額-所得控除=課税所得

所得金額から所得控除を差し引いたものが、実際に課税される課税所得になります。

所得控除とは、病院に入院したときの医療費控除や、配偶者を扶養しているときの配偶者控除など、生活上の支出に配慮して控除されるものです。

この所得控除は15種類あり、それぞれ一定の条件を満たしていれば、所得から控除することができます。

3.課税所得×税率=所得税額

課税所得に税率をかけると、所得税額がでてきます。


ここまで、理解出来ましたか?
ちょっと・・・と言う方。

ぶっちゃけ、得た収入から生きて行く為に必要なものに使ったお金には税金を掛けませんよ!
世帯にはいろんな構成があるから、同じ収入でも同じ税金では不公平になるから、公平にする為に免除する金額を作りましたよ!

さあ、それらのモノを控除して公平な税金を決めるために金額(課税所得)を出しました。

それを元に不公平が無いように所得金額によって所得が多くなるほど税率が高くなる”超過累進税率”にしましたよ。


これが今までの方法です。

では実際にモデルケースにあてはめて算出します。

●世帯年収 600万円 家族構成・妻(専業主婦、配偶者控除適応)子供2人(高校生、大学生16歳~23歳扶養控除特定適応)
/////////////////////////////
≪現行制度 ≫

所得税
600-38(基礎控除)-{38(配偶者控除)-63×2人(扶養控除特定)}-(600×0.2+54=174:給与所得控除)-60(仮置き(給与所得の約10%程度):社会保険料控除)=164×0.05=8.2万円

住民税
600-33(基礎控除)-{33(配偶者控除)-45×2人(扶養控除特定)}-(600×0.2+54=174:給与所得控除)-60(仮置き(給与所得の約10%程度):社会保険料控除)=210×0.1+0.4=21.4万円

児童手当
なし

所得税8.2万円 +住民税21.4万円したがって

【納税合計:29.6万円】
/////////////////////////////

これが現状納めている税金です。

ところが民主党(政府案)の配偶者・扶養者控除の廃止の決定、及び特定控除見直しとされていますが廃止を実施すれば、要は↑の算定式の{ }で囲んだ部分がスッポリ廃止されるという事ですので以下のようになります。

/////////////////////////
≪民主党案≫

所得税
600-38(基礎控除)-(600×0.2+54=174:給与所得控除)-60(仮置き(給与所得の約10%程度):社会保険料控除)=328×0.1-9.75=23.05万円

住民税
600-33(基礎控除)-(600×0.2+54=174:給与所得控除)-60(仮置き(給与所得の約10%程度):社会保険料控除)=337×0.1+0.4=33.7万円

子供手当
なし

所得税23.05万円+住民税33.7万円したがって

【納税合計:56.75万円 】
/////////////////////////

民主党案【納税合計:56.75万円 】-現行【納税合計:29.6万円】

=≪年間27.15万円増税≫となる訳です。



子供手当受給できる世帯、3世帯家族に関しての算出も以下の日記にありますので確認してください。
3世帯家族などは悲惨ですが、驚いた事に子供手当て支給されても、一人の子では増税という結果が見えてきます。


ここから先は「子ども手当」を受給される方の場合です。

「子供手当」受給世帯の場合の試算ですが「2.6万円」支給されても子供2人の場合差し引きしても手元に年間5万円ほど残るだけですが、実際支給額は当面「1.3万円」です。

「1.3万円」では4人子供がいても手元に年間5万円ほど残るだけと言う事です。
そして扶養特定が廃止されれば、16歳以降の子供四人で地獄が待っているという事です。

以下、2万6千円支給の場合の試算です。

●全国平均世帯年収600万円、家族構成・妻(専業主婦)子供2人(15歳以下)の場合。

/////////////////////////
≪現行制度≫

所得税
600-38(基礎控除)-38(配偶者控除)-38×2(扶養控除一般)-(600×0.2+54=174:給与所得控除)-60(仮置き(給与所得の約10%程度):社会保険料控除)=214×0.1-9.75=11.65万円

住民税
600-33(基礎控除)-33(配偶者控除)-33×2(扶養控除一般)-(600×0.2+54=174:給与所得控除)-60(仮置き(給与所得の約10%程度):社会保険料控除)=234×0.1+0.4=23.8万円

=所得税+住民税合計納税額:35.45万円

児童手当 (3歳未満一律月額1万円 、3歳以上 第1子第2子 月額5千円 、第3子以降 月額1万円)

・2万円×12月=24万円 (3歳未満2人の場合)

【納税合計:11.45万円】  ←全体で児童手当を差し引き納める分


・1.5万円×12月=18万円 (3歳未満1人、3歳以上1人の場合 )

【納税合計:17.45万円】 ←全体で児童手当を差し引き納める分


・1万円×12月=12万円 (3歳以上2人の場合 )

【納税合計:23.45万円】 ←全体で児童手当を差し引き納める分   
/////////////////////////

/////////////////////////
≪政府民主党案≫ 【2011年以降、配偶者控除が廃止になった場合】

所得税
600-38(基礎控除)-(600×0.2+54=174:給与所得控除)-60(仮置き(給与所得の約10%程度):社会保険料控除)=328×0.1-9.75=23.05万円

住民税
600-33(基礎控除)-(600×0.2+54=174:給与所得控除)-60(仮置き(給与所得の約10%程度):社会保険料控除)=337×0.1+0.4=33.7万円

=所得税+住民税合計納税額:56.75万円

子供手当
2.6万円×2人×12月=62.4万円

【納税合計: -5.2万円】 ←納税額から子供手当を差し引き納める分=実質手元に残る分が5.2万円
/////////////////////////

次に子供手当 1.3万円で試算し直しました。

/////////////////////////
≪政府民主党案≫

所得税
600-38(基礎控除)-(600×0.2+54=174:給与所得控除)-60(仮置き(給与所得の約10%程度):社会保険料控除)=328×0.1-9.75=23.05万円

住民税
600-33(基礎控除)-(600×0.2+54=174:給与所得控除)-60(仮置き(給与所得の約10%程度):社会保険料控除)=337×0.1+0.4=33.7万円

=所得税+住民税合計納税額:56.75万円

子供手当
1.3万円×2人×12月=31.2万円 (支給額)

よって

所得税+住民税合計納税額:56.75万円-31.2万円 (支給額)=25.55万円

現行納税額より高い差し引き25.55万円納めるという事です。

子供4人でやっとプラスに転じます。
/////////////////////////



で、これで終わりじゃないようですね、国民からの搾取は。

>俺!独身だから関係ないし!!って言ってた層にもとうとう魔の手が伸びて給与所得控除の見直し。(←今ここ)

サラリーマンは死ね!とでも言いたいのか、いくらサラリーマンと言えど仕事をするにあたって持ち出しの経費もある事はサラリーマンなら重々感じる所でしょうが、そのサラリーマン経費を認めないと言う方向のようです。

給与所得控除の見直しと言っていますが、これまでの流れはすべて最悪な方向になっていますので廃止を前提に、この家族に当てはめます。
もう、皆様は算出方法が理解出来たかと思いますが、上記計算から(600×0.2+54=174:給与所得控除)を抜けば計算出来ます。

/////////////////////////
民主党案

所得税
600-38(基礎控除)-60(仮置き(給与所得の約10%程度):社会保険料控除)=502×0.1-9.75=40.45万円

住民税
600-33(基礎控除)-60(仮置き(給与所得の約10%程度):社会保険料控除)=337×0.1+0.4=51.5万円


所得税40.45万円+住民税51.5万円したがって

【納税合計:91.95万円 】

民主党案【納税合計:91.95万円 】-現行【納税合計:29.6万円】

=≪年間62.35万円増税≫となる訳です。
/////////////////////////


ちなみに>俺!独身だから関係ないし!!って言ってた層を算出しましたが

所得税増税分7.65万円+住民税増税分17.8万円=≪年間25.45万円増税≫となりました。

------------------------

最近、外国に住む子供にまで「子ども手当」が支給される事まで発覚しました。

母国に100人の養子を持つ人物に支給する年額は3120万円


じゃあ、自民党の政策はどうだったか?
児童手当+少子化に貢献し、働く環境を整えるものでした。
どちらが優れているかは一目瞭然なのですが・・・。



皆さんご存じないようですが、「子ども手当」に因りもう一つ大きな負担も待っています。

『隠れ負担増』にご注意 住民税 控除廃止なら国保料など増

現行の住民税の扶養控除は十五歳までの子ども一人当たり年間33万円。仮に全廃されると、子ども二人の世帯ならば住民税額(税率10%)が6.6 万円増える。これに、これまでと同じ料率を掛けるため、国保保険料なども増加する。

東京都大田区の場合、国保保険料(料率0.68倍)は44.880円増、後期高齢者医療制度の支援費(0.26倍)が17.160円増、加入者が 40~64歳だと介護保険料(0.11倍)の負担も7.260円増える。保険料の負担増は住民税の増加分を上回る総額69.300円になる。

>住民税の増加分を上回る総額69.300円になる。
>住民税の増加分を上回る総額69.300円になる。

住民税が増えた事によって、国保保険料が当然増えるのです。
(ただし料率は地方別に設定、固定保険料の地域もあり)


でね・・・脅しついでに言いますと・・・。

民主党政権・恐ろしい年金一元化のカラクリ


これがほんとうに酷いのです。
老後どころか今生きていけるんだろうかと・・・。


もっと危険な事、通常国会で外国人参政権決まるかもしれません、これで良いのですか?


民主党にNO!
早く終わって下さい。

スポンサーサイト



Posted by 鯵LOVE
comment:4   trackback:1
[気になった時事
comment
足あとからきました。
はじめまして。足あとからおじゃまします。
個人的には民主党の行いに、もう見聞きする気も起きなくなっている者です。

記事、すごくためになりました。ありがとうございます!

ほんとう、早く政権終ってほしいですね・・・

基本支持政権なし派なのですが、(実現できるかどうかは抜きにして)掲げている方針が一番素晴らしいのが共産党だっていう不思議な現実。
自分はともかく、親が幸せな老後が送れるかが本当に心配です。。。

※不適切な部分がありましたら、お手数とは存じますが、コメント削除してください!
2010/03/17 10:32 | URL | edit posted by めか
めかさん、こんばんは!
はじめまして。
あしあとからいらっしゃいませ^^

この1年半程はもうTVを信用してません。
ニュースになる時にはすでに遅いか、
報道してないと言われない為に触れているとしか思えないですから。
情報は伝えなければならないという規定は無いですからね。
残念ながら、都合の悪い部分はあえて報道しません。
それどころか、印象操作のような事もしてますし。
最近はここはどこの国?という気がする事も増えました。

少しずれますが、今回のフィギュアスケートも、
オリンピックに至るまでの経緯を考えると、
熱が出そうです。
ある意味疑惑の点数が出たので、
少し興味がある人なら、おかしい事に気付くきっかけになると思いますが、
それと同時にメディアの思惑が刷り込まれているなぁとも感じさせられました。
興味ない人はあれだけの点数が付く事がおかしいと思わないし、
ノーミスだから、ミスのあった人より上で当然と思っていると思います。
この2年程「ヨナさん、表現力すごい!」と浅田選手の凄さを伝えず、
ヨナさんが突出しているような刷り込みばかりしてましたからw
サッカーが好きな方は日韓W杯の段階で気付いた方も多いようです。

そういう事も含めて、
自分の気持ちの整理の為と、
知らない誰かがたまたま目にして、
疑問に感じる部分ができれば良いな♪
と思ってたので、
めかさんからのコメント嬉しいです!!

すでに棺桶に半分日本は沈んでますので心配です。
が、何もしないのは一番いかんと最近思います。
小心者でも出来る選挙権は、
絶対行使しないと駄目ですね!!
投票率が低いと組織が強い所が勝ってしまいます。
今はさすがに民主党はおかしいと感じている人が増えてるので(最近の選挙結果でその傾向ありますし)、
みんなが投票に行けば、
親が幸せな老後を送れる国に立ち直れると信じてます。

長くなりました(汗)
またお暇な時にのぞいてください♪
2010/03/17 19:59 | URL | edit posted by 鯵LOVE
はじめまして。
トラックバックさせていただきました。
(私は上手に考えがまとめられませんので、私のほうにはそのTB機能はありません)
もし、BLOG記事中に引用(☆部分にリンクをはってます)が迷惑な場合はずしますので、いってください。
もし、了承していただけるのでしたらありがたいです、よろしくおねがいします。
2010/03/18 14:20 | URL | edit posted by miruru
miruruさん、こんばんは!
はじめまして。

トラックバックの意味やっとこさ分かりました。
TBどうぞ^^
ブログにおじゃまして「情報通信法案」初めて知る事ができました。
今一番問題なのは、
情報が伝わらないまま、大切な事をどんどん勝手に決められてしまっている事だと思います。
日本はどんどん怖い国になってます。

また遊びに行きますね♪
お暇な時にお立ち寄りください!
2010/03/18 20:54 | URL | edit posted by 鯵LOVE
comment posting














 

trackback URL
http://2007akg.blog91.fc2.com/tb.php/81-bdb70ba0
trackback
今回の子供手当てや、友愛精神に関しての記事があるとのことで、見てきました。 なかなか・・・納得できることをかいておられます。 デヴィ夫人のBLOG⇒ http://ameblo.jp/dewisukarno/ 今・・・このようにいろいろ国民もネットという媒体で訴えてる人は多々お...
| ★☆。。Serendipty~幸せの時間~。。☆★ | 2010.03.18 14:17 |