fc2ブログ
引退じゃなく解雇がよかったんじゃない?
昨日、朝青龍がやっと引退。
これも弁解の予定が、引退勧告突きつけられての引退発表。
そうでなければ、未だに頑張ってたんだろうな。

引退騒ぎで、小沢幹事長問題も印象薄くなるし、
なにより、どうもモンゴル国民が勘違いをしているようで・・・
朝青龍は人種差別によって引退(事実上の解雇)させられる訳じゃないよ。
今までにも、出場停止を含めて7回も厳重注意を受ける事自体が、
横綱の資格は無かったと言う事。
相撲協会の最大の過ちは、
仮病サッカーの段階で引退勧告しなかった事。
前にも書いたけど、
もちろん暴力を振るったであろう朝青龍が一番悪い。
引退は自業自得。
解雇にならなかっただけでも御の字。
ただ、人気の為、あるいは逆に外国人であるが故の、
相撲協会・高砂親方の大甘な処遇が、
朝青龍が横綱になりきれない一端を作ってしまったと思う。
高砂親方はどうしょうもない。
何故廃業にならないのだろうか???
今後このような問題が起きても、
厳重注意3回で即解雇、
借株で大変な親方もいる事だし、
年寄株も親方に相応しくない行動があれば取り消し等、
ルールでも決めたらいいと思う。

相撲協会の外部理事の比率は8割位にした方がいい。
今の親方衆を見ていると、とてもじゃないけど真っ当な運営なんてできないでしょう。
国技であり、文科省から補助もでているはずだから、
きちんとして欲しい。
こんな状態が続くのであれば、
神事である奉納相撲のみ残して、廃止してしまえばいいと思う。
スポンサーサイト



Posted by 鯵LOVE
comment:0   trackback:0
[スポーツ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://2007akg.blog91.fc2.com/tb.php/56-0d3bd3a2
trackback