fc2ブログ
ジェネリック使うのが当然でしょう!
後発医薬品利用の指導強化=生活保護受給者対象、費用を抑制―厚労省 時事通信 2月6日(日)2時33分配信
 厚生労働省は5日、2011年度から生活保護受給者を対象に新薬より低価格のジェネリック医薬品(後発医薬品)を利用するよう指導を強化する方針を決めた。11年度からレセプト(診療報酬明細書)のオンライン請求が義務化されるのに伴い、受給者の医薬品の利用状況を把握。特別な理由なく新薬を使っている場合、医療機関や地方自治体を通じて後発医薬品を使うよう指導する。
 厚労省は後発医薬品の利用促進により、増加傾向にある生活保護費の抑制につなげたい考えだ。生活保護受給者数は長引く不況の影響により、昨年11月時点で約197万7000人。09年度の支給総額は3兆72億円と初めて3兆円を超えた。医療費補助は生活保護総額の約半分を占める。
 しかし、現在は生活保護受給者がどれだけ後発医薬品を利用しているか正確に分かっていない。そのため、レセプトのオンライン請求を通じ、受給者にどういう薬が処方されたか実態を把握することにした。同じ効能の後発医薬品があるのに新薬を使う場合、主治医の意見を聞いた上で後発医薬品を使うよう受給者に理解を求める。


 ジェネリック利用の指導を強化ではなく、ジェネリックでなければ強制的に有料にしてしまえばいいのに。
税金をちゃんと払っている人が、生活保護費より安いお給料で生活していて、
余程の症状でなければ、時間もお金も無いので病院にすら行けない。
タクシーで乗り付けても、交通費も医療費も生活保護者は無料らしい・・・
有り得ないでしょう
挙句の果てに通常時間だと混んでいるからって、
時間外にわざわざ行くらしい。
税金を納めて、生活保護費より少ない金額で生活しているのが馬鹿らしく感じる。
生活保護って『最低限度の生活の保証』をするもののはず。
変な人権を振りかざさないで、納税者が納得できるシステムに早くして欲しい。
そもそも、生活保護は現物支給、住居は決められた場所(公団)で十分でしょう。
それに文句があるのであれば、きちんと働いて納税すればよい。
あと、日本国民ではない方々に生活保護を支給するのもおかしい。
日本国民の為に使う税金なのだから。
日本で生活できなければ、本国に帰って本国に養ってもらってください(^_^)/~~
スポンサーサイト



Posted by 鯵LOVE
comment:0   trackback:0
[気になった時事
comment
comment posting














 

trackback URL
http://2007akg.blog91.fc2.com/tb.php/263-256350b8
trackback