fc2ブログ
当然の結末
有名たこ焼き店、自主撤去=明け渡し確定後も市道で営業―大阪 時事通信 12月16日(木)9時41分配信
 大阪市中央区道頓堀の有名たこ焼き店「大たこ」が、市有地に屋台を構えたとして土地明け渡しを命じられた判決が確定した後もすぐ近くの市道上で営業を続けていた問題で、店側は16日未明、自主的に屋台を撤去した。市はこの日、行政代執行による強制撤去を予定していた。
 市によると、繁華街の巡回を委託している警備員から同日午前1時45分ごろ、「大たこが撤去作業をしている」と連絡があった。同4時ごろ市職員が確認したところ、既に屋台はなくなっていたという。市は屋台があった市道上に鉢植えなどを置いた。
 近くのラーメン店に勤める男性(31)は「みんな家賃を払って商売しているのだから撤去は当然」と話した。別の飲食店の男性店長(26)は「大阪のシンボルなのに。街がさびれる」と表情を曇らせた。



 路上で違法に営業しておいて、自主撤去は当然。
自主撤去したのだって、『強制撤去されたら120万円取られるし』って。
全然自分達に非は無いと言わんばかり。
こんな事が黙認されていたら路上は無法地帯になるし、
路上以外だって不法占拠されて、
戦後の駅前周辺みたいに、いつの間にか元の所有者は手出しできなくなってしまう。
あの手この手で不法に日本に入ってきている人達が、
空家や人の少ない集落とかにいつの間にかに居座ってえらい事になるんじゃない?
スポンサーサイト



Posted by 鯵LOVE
comment:0   trackback:0
[気になった時事
comment
comment posting














 

trackback URL
http://2007akg.blog91.fc2.com/tb.php/246-184b5b4f
trackback