fc2ブログ
これを機に徹底を!!
100歳以上の所在不明者、全国で計21人に 8月4日15時29分配信 読売新聞
 読売新聞の4日午前までの調査で、新たに所在不明が確認された100歳以上の男女は岡山市で3人、
兵庫県川西市で2人、茨城県鉾田市で1人の計6人で、所在不明者は全国で計21人に上った。
 中でも、川西市の102歳男性については、市職員が2008年8月に住所とされる場所を訪れたところ、
高速道路の高架下だった。
もう1人の101歳男性の住宅も、昨年8月の時点で別の表札が掲げられており、
周辺住民は「名前に聞き覚えがない」と話したという。
 岡山市の3人は、108歳女性、107歳女性、101歳男性。
市職員が08年、住民票に記された住所を訪問したが、別人が住んでいたり、空き家だったりした。
 また、鉾田市によると、同市の101歳男性は2002年から所在が確認できていない。


もうびっくりな出来事です。
最終的にどれだけになる事やら・・・
ほとんどのケースが、不正受給が目的なんじゃないかな?

お年寄りの孤独死を防ぐ為にも、
何歳位からが現実的かは分からないけれど、
本人確認が出来ない場合は受給停止にしてしまえばいいと思うけど。
ただでさえ財政難ってこれだけ言っているんだから。
上記の記事のように、訪問しておいて、所在地が高架下だったり空き家だったりなのに放置は論外!!

今回の年金不正受給にしても、
最近多い子どもの虐待死にしても、
訪問しても確認取れずで放置されてる部分も大きいから、
2度目の訪問では警察立会いの下、強制的に立会いできるようにでもしたらいい。
権限の基準があいまいだったり、その後の事(訴えられる・脅される等)が心配だったりするから、
当事者も踏み込めない部分もあるだろうし。
1回目の拒否・不在は分からんでもない。
共働き等で本当にいない場合ももちろんあるし、
部屋を散らかし放題の私は、すぐに人様を宅内にご案内できません
ご遠慮願うかもしくは居留守かな?w
でも、何度も拒否又は不在なんて、かなりの確率で怪しいと思うよ。
やましい事がなければ、拒否等しないでしょう。
不在に関しては、不在票に次回の訪問日時指定して、
会社もそれがあれば、有給認めないといけないとかにしてくれたらいいのに。

年金にしても生活保護費にしても、
税金から支払っているものに関しては、
もっと不正受給されないように法律を厳しくして欲しい。
そして、現在の受給も不正がないか一度きっちり調べて欲しい。
キムヒョンヒに使うお金があるなら調べられるんじゃないの?
大阪市なんて支出の4割が生活保護費のようだから、
調査費なんて、不正受給停止した分でお釣がくると思うよw

それにしても所在不明の方々がお気の毒です。
何十年も捜索願も出さないなんて・・・
やっぱり家族や地域の絆は大切だなと思い知らされました。
スポンサーサイト



Posted by 鯵LOVE
comment:0   trackback:0
[気になった時事
comment
comment posting














 

trackback URL
http://2007akg.blog91.fc2.com/tb.php/181-6cd4bc50
trackback