fc2ブログ
『項羽と劉邦』
『項羽と劉邦』 司馬遼太郎さん。

知人に司馬遼太郎の中で一番好きという事だったので読んでみる。
文庫にて上・中・下巻。
全て分厚い
長編は後回しにしていたのに・・・と思いつつ読む。
最初は登場人物がごっちゃになって(項羽→関羽???、劉邦→劉備???と三国志と混ぜ混ぜ)、
読んでてあれ?っと思ってしまう時が
途中でごっちゃになっているのに気付いて、登場人物にも慣れてきたら、
面白い!!
予定より早く読み終わってしまった。
人間関係が現在にも通じるものがあって、
思わず会社の人間関係を当てはめてしまった。
登場人物がいっぱいだから、大概の人が当てはめられる。
そういう意味でも面白かった。
韓信のような生き方が出来れば一番いいだろうね。
ただ生き抜くためには馬鹿正直ではいけないとも思った。
夏侯嬰みたいな人が自分の友にいてくれたら、
それだけで人生は半分幸せな気がする。
逆に自分が友に対してそういう風になれればいいけど。
スポンサーサイト



Posted by 鯵LOVE
comment:0   trackback:0
[
comment
comment posting














 

trackback URL
http://2007akg.blog91.fc2.com/tb.php/175-3ad0ed53
trackback