fc2ブログ
ISUとFIFA。似てるね!
まずはISU。
プルシェンコの資格剥奪=国際スケート連盟 6月29日8時57分配信 時事通信
 国際スケート連盟(ISU)は28日、バンクーバー五輪フィギュアスケート男子の銀メダリスト、エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)が規定に違反したとして、競技会への出場資格を剥奪(はくだつ)したと発表した。3~4月にロシア連盟の認可なく国内外のアイスショーに参加したことが理由。
 トリノ五輪の金メダルや世界選手権3度優勝を誇るプルシェンコは、この処分に対して3週間以内にスポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議を申し立てることができる。

ジャッジの裁量でどうにでも加点減点できるシステム。
それを隠蔽するかのような誰がどの点数を付けたか分からなくする採点システム。
そのおかげである特定選手は、ここ2年+バンクーバーオリンピックでの有り得ない銀河点で優勝・金メダル。
この間の世界フィギュアの酷い演技でも2位。
さすがに、特にフィギュアが好きでない人も、採点のおかしさに気付いたと思う。思いたい。
プルシェンコ選手はフィギュアが衰退してしまう今のような状態を憂いていたから、
怪我を押してまで現役復帰し、
問題提起をした(スポーツだから難易度が高い技に挑戦し、それが評価されなければならない)。
それをよく思わないISUとロシア連盟(強化費が選手に届いていないようで、それをプルシェンコ選手は批判した)が、
五輪憲章違反(公式スポンサーでない企業の広告塔をしており、その企業のピアスをつけて試合にでる)、
競技会でのセールス(自分の衣装を着たクマをファンからのプレゼントに見せかけ、キスクラにて映るようにする)等の疑惑の人は、
なぜ資格剥奪されないのでしょうか?
人気選手に勝手に活動されると、連盟が美味しくないのでNG。
疑惑の人は、連盟を疑惑のマネーで潤してくれるのでOK。
という事でしょうか?


こちらはFIFA。
ゴール電子判定導入せず=国際サッカー評議会【ロンドン時事】
 サッカーの規則改正を話し合う国際サッカー評議会の年次総会が6日、スイスのチューリヒで開かれ、
ボールがゴールラインを越えたかを判定する電子システムの導入を見送り、
今後、検討や試験も行わないことを決めた。
 いわゆる「ゴールライン・テクノロジー」はこれまで、
ボールに電子チップを埋め込む方式やビデオカメラの設置が試されてきたが、
効率性や正確性、コスト面で難点が検証され、2年前の同総会でテストを含め、凍結されていた。
今回の決定で、事実上、審判の補助としてのビデオ判定装置の導入も否定された。
 記者会見した国際サッカー連盟(FIFA)のバルク事務総長は
「テクノロジーがサッカーで用いられる可能性はなくなった。選手も審判もミスをする可能性があるのもゲームの一部。人間がサッカーを行うことを維持していく」と説明した。
 主にペナルティーエリア内のプレーの監視役として、両ゴールに1人ずつ追加審判を配置する新ルールの採用は、
試験導入されている今季の欧州リーグの結果報告を踏まえ、5月の会議で審議するとした。
(2010/03 /06-23:24)

先日のドイツ対イングランド。
明らかなゴールだけど、覆らず。
そして誤審に対して反省の弁は無い。
それどころか、会場で試合のリプレーを流すなという方向に?
あの試合を観戦していた一般人は、リプレー無くても『えっ?ゴールしてるよ!』って気付いたと思うけど。


両方に共通していると思うのは、
どちらとも、人気の高いスポーツで、
放映権等でISUやFIFAが莫大な収益が見込める。
その為、利権絡みの醜聞が時々出てくる。
またジャッジに従わなければならないので、
買収・政治的な影響の可能性も出てくる。
キムヨナの審判買収疑惑。
2002年日韓W杯での韓国の審判買収疑惑。
面白い事に、どちらも彼の国ですなw

ジャッジが力を持つスポーツは、まずジャッジが公正であることが大前提。
選手はジャッジに従って結果を受け入れるのであるから、
いかにジャッジが正しくて透明性があるかを追求しなければならないのでは?
昔は無理だった事も、今では映像技術が凄いので、
きわどいゴールやジャンプの回転もすぐ検討できて、正しい判断が出来る。
なのに、どちらの連盟もそれに難色を示し、出来る限り隠蔽の方向へ。
不正を受け入れて儲かりたいという姿勢にしか見えません!

買収してでも勝ちたい人達の恩恵を凄く受けているんでしょうね。




もうすぐ日本対パラグアイ戦
頑張れ!日本
スポンサーサイト



Posted by 鯵LOVE
comment:0   trackback:1
[スポーツ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://2007akg.blog91.fc2.com/tb.php/160-2ad342cf
trackback
Jリーグ・我那覇選手のドーピング問題について Jリーグ・我那覇選手のドーピング問題について我那覇選手のドーピング問題については、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が「我那覇に責任なし」の決断を出したと聞いています。 しかし、仲裁費用負担額は3000万円以上との...
| 話題になっているニュースはこれ! | 2010.07.02 03:07 |