fc2ブログ
国産牛・豚は無くなるかもね
明らかに何にも対応しなかった、現政府による人災である、
宮崎で発生中の口蹄疫。

とうとう家畜改良事業団からも、
口蹄疫感染の種牛が出てしまったようです。
移動させた6頭以外は全て殺処分。
潜伏期間が2週間程あるようなので、
6頭にも感染の可能性がまだ捨て切れません・・・

宮崎だけの話ではなく、色んな地域のブランド牛は、
宮崎の種牛との交配によって成り立っている部分も大きいようなので、
日本のブランド牛自体の消滅の危機に瀕しているといってもいい状況だと思います。
松坂牛だって宮崎牛などを子牛の時に買って、
三重県近郊で育てた一定の基準を満たした牛なだけなので、
松坂牛だって、被害を受けるという事でしょう。
候補の牛が減るという事だから。

朝のNHKでも、さすがに家畜改良事業団も感染のニュースしてましたが、
なんで、ここが感染するという事はどういう事か?
の説明無いんでしょうね?
全国民が今回の口蹄疫の危険性を共有しないといけないと思うのに。
風評被害なんて、きちんと説明すればあまり影響ないと思う。
情報を報道しないで口蹄疫が拡散されていく事態の方が被害甚大です。

口蹄疫がどんな二次被害をもたらす恐れがあるかが良く分かるものがあったので、
以下コピペ。


口蹄疫が日本で大流行すると、どう困るの?

・牛肉・豚肉価格が上昇します。
・乳製品価格(牛乳・バター・チーズ・ヨーグルト等)が上昇します。
・食肉と乳製品の価格上昇により多くの加工食品の値段が上昇します。
・ブランド牛が消滅します。なお、宮崎ブランドで無くても種牛は宮崎にしかいない場合があります。
・国内畜産関係者は事実上廃業に追い込まれます。この保障や大量失業による国家財政の圧迫が懸念されます。
・畜産加工業者や流通なども肉がなくなるため経済的に大打撃を受けます。
・感染拡大を恐れた他国が日本輸出品の輸入禁止措置を取る可能性があります。
・感染拡大を恐れた他国が日本人渡航禁止措置を取る可能性があります。
・感染拡大を恐れた他国が日本への渡航禁止措置を取る可能性があります。(アメリカ・欧州諸国・オーストラリア等、畜産物輸出国家はこの対応を取る可能性が高い)
・これらの処置により、日本は経済的に孤立する可能性があります。


口蹄疫 世界的に最重要監視されてる最悪クラスの疫病
(イギリスの時は軍隊動員 選挙延期 ブレア首相が陣頭指揮 被害額3兆円+機会損失数兆円)

潜伏期間は7~21日 今回、ファーストインパクトの押さえ込みには失敗 
10年前に発生した際は初動が迅速だったこともあって殺処分は740頭で収束 
その前となると1908年 500頭台 ←明治時代だよ!今ほど行動範囲が広くないとはいえ・・・
現在殺処分は「4万5000頭」過去100年間で最大のパンデミック危機 ←少し前の文章。現在は8万頭超え

宮崎県の現状は下記にありますが、今、宮崎県の畜産業界は壊滅状態です。
おそらく自殺者も出ているはずです。

日本の畜産業界が危険水準を迎えるかも知れないこの時に至って尚、政府は何の対応もとっていません。



そして世界では、『日本とタイは無政府状態』という認識のようです。
そう言われても仕方ない現状だと思います・・・
スポンサーサイト



Posted by 鯵LOVE
comment:0   trackback:0
[気になった時事
comment
comment posting














 

trackback URL
http://2007akg.blog91.fc2.com/tb.php/133-4e85e7f9
trackback